フルーツ青汁はどうやって飲むのがいい?
フルーツ青汁は何に混ぜるのがいいのでしょう。毎日飲むものだから、飽きないように飲み方を変えたりもしたいですし、できるだけおいしく飲みたいですよね。

でも、飲みやすさやおいしさばかりに重点を置いていると、フルーツ青汁を飲む本来の目的が達成できなくなることもあります。何で飲むかは、長続きさせるためだけではなく、効果にも影響してきます。

飲み方を間違えると、ダイエットが失敗するかも?!

フルーツ青汁は、デトックス効果があり、代謝をあげてくれるので、ダイエット目的で飲んでいる人がたくさんいます。青汁があると、食事制限もしやすくなりますし、ダイエットにはいいことづくしです。

ですが、飲み方によってはダイエットが失敗することもあります。実際、口コミでも、青汁を長く飲み続けたけれどダイエット効果が得られなかったという書き込みも見受けられます。どういう飲み方をすれば、ダイエット効果を得られるのでしょう。

ジュースに混ぜない方が良い

フルーツ青汁は、他の青汁に比べて飲みやすいです。それでも、水に溶いて飲むのは苦手という人もいます。そこで、どうすれば飲みやすくなるかが議論されて、色々な飲み方が提案されています。

比較的おいしいフルーツ青汁でも、味が苦手だと感じる人がいます。そういう人に多いのが、ジュースに混ぜる飲み方です。たしかに、水と違ってすでに味がついているジュースなら、青汁の味がまぎれるので、飲めるのかもしれません。ですが、ジュースに混ぜるのはおすすめできません。

ジュースは甘くておいしいですよね。糖類がたくさん含まれているからです。カロリーも高いです。せっかくダイエットのために青汁を飲んでも、混ぜているジュースのせいで、糖類をたくさん摂取してしまっては、ダイエットになりません。

本来、青汁はかなり低カロリーなはずなのに、ジュースに混ぜるとカロリーが高くなってしまいます。ダイエット目的で飲むのなら、ジュースに混ぜるのはやめた方がいいです。ダイエット目的でなくても、ジュースで飲み続けると、太っていってしまうかもしれません。

置き換えダイエットは慣らしてから

青汁を使ったダイエットでは、置き換えダイエットが人気です。短期間でも体重を減らすことができるからです。簡単なのですぐに始めることができますが、急に開始するのは危険です。

急に置き換えダイエットを始めると、よっぽどの意志がない限り失敗します。今まで普通に食べていた食事を、コップ一杯の青汁に換えてしまったら、お腹がすくのは当然です。間食をしてしまったり、後で余計に食べてしまったりします。

置き換えダイエットは、徐々に体を慣らしながら始めていくのがいいです。普段、間食をしているなら、まずは間食をなくすことから始めましょう。間食のおやつを青汁に換えるのもいい方法です。

食事の前にフルーツ青汁を飲んで、食事量を減らすのが、置き換えダイエットの準備段階です。青汁を飲んでから、少量の食事をとることを繰り返していってください。徐々に食事の量を減らしていき、青汁に置き換えます。

自分のペースでいいので、我慢ができる範囲で減らしていきましょう。1週間くらいかけて置き換えるのがベストです。

置き換えダイエットを止めるときにも注意が必要です。急にやめて食事量を増やすと、リバウンドします。始めた時と同様、少しずつ、食事量を増やしながら戻していきましょう。やめるときも1週間以上かけて食事量を戻すようにします。

フルーツ青汁は何に混ぜるといい?

毎日飲み続ける物なので、おいしさにもこだわりたいところです。食事に置き換えるのであれば、できるだけ腹持ちがいいものに混ぜたいですよね。どんなものがいいのでしょうか。評判のいいものや、おすすめのものを紹介します。

自分が1番続けやすい方法を見つけることができればいいのですが、色々試してみるものもいい方法です。参考にしてみてください。

牛乳や豆乳、ヨーグルトがおすすめ

人気なのが牛乳や豆乳に混ぜる飲み方です。ミルクっぽい感じが出て、ジュース感覚でとてもおいしく飲めます。糖類がたくさん入っているジュースとは違って、カロリーも低いですし、フルーツ青汁の良さが引き立ちます。

ヨーグルトに混ぜる人も多いです。少しカロリーに注意が必要です。とてもおいしいので、青汁が苦手な人でも、ほとんど味が気にならなくなります。砂糖がたくさん入っているヨーグルトも多いので、ダイエットに利用するなら、できるだけカロリーが低いものを選びましょう。

温めて飲む人もいます。白湯やホットミルクなど、温かいもので飲むと、体も温まります。胃腸の働きを活発にしたり、冷えを解消して代謝を上げたりしてくれるなど、良い効果がたくさんあります。ダイエット効果を最大限に発揮したいなら、温めて飲むのがいいです。

カロリーを考えて

青汁は飲むだけで痩せる魔法の薬ではありません。あくまで、痩せやすい体質をつくったり、食事制限で不足しがちな栄養素を補ったりするためのものです。青汁を飲めば痩せる、という簡単なものではないことを心得ておきましょう。

野菜不足を補ったからといって、好きな食事ばかりしていいわけではありません。摂取カロリーが消費カロリーを超えてしまえば、太ります。フルーツ青汁を使ってダイエットをする時には、摂取カロリーに十分注意しましょう。

飲みやすさとカロリーで決めよう

フルーツ青汁は、自分がおいしいと感じる飲み方で飲むのが1番いいです。その方が長続きします。ですが、カロリーには気をつけましょう。置き換えダイエットをするときも、失敗しないよう、飲み方に注意しましょう。